読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎガイド石毛じゅんこの「うさぎに生かされてる私」

うさぎと出会ったことで人生変わり、いまうさぎの仕事に就き、うさぎに生かされて生きてます

しめじ、回復までの5日間

しめじのお腹から、

 

ギュルギュルギュル〜…と、

大きな音が聞こえました。

 

やがて

食欲がなくなり、

 

隅っこに閉じこもったまま

出てこなくなりました。

 

 

お腹に違和感か、痛みがあったのでしょう。

すぐ病院へ、と、思ったのですが、

 

しめじは

「触らないでくれ」とでも

言いたげな様子。

 

 

放し飼いなので、捕まえ、キャリーに入れることがストレスになると思い、

しばらく様子を見ることにしました。

f:id:usako-haha:20160630224608j:image

(籐籠にこもる、しめじ)

 

 

1日目。

アクアコールを薄めに溶いた水を、浅い小皿から飲みました。水だけでも飲んでくれてほっとしました。

夕方、にんじんの葉っぱを少し食べました。

 f:id:usako-haha:20160701125105j:image

 

 

2日目。

好きなおやつを置いても、食べません。あれやこれやと与えますが、何も食べません。お腹は依然、ギュルギュル鳴っています。

夜になって、柔らかい牧草を数本、食べました。やはり、牧草を欲しているのだなと思いました。

 

 

庭で、イタリアンライグラスを育てているので、それも与えたら食べました。

 

種から簡単に育てられるので、皆さんもフレッシュイタリアンライグラスを、常備しておくと良いかもしれません。

 f:id:usako-haha:20160701125540j:image

 

 

3日目。

キャベツを細く切ったものをつまみ始めました。やっぱりキャベツは胃腸にいいんだ、人間用お薬のキャベジン の事を思いました。

うさぎにとっても キャベツは、胃腸にいい大切な成分が入っているのだなと感じました。

 

柔らかい牧草、明日葉セロリの葉の部分も食べました。

f:id:usako-haha:20160701130214j:image 

 

 

4日目。

これまで排泄が、べたべたうんちだったものが、

小さいけど丸まってきました。

 

セロリ、牧草、キャベツ、レモンバーム、麦(胃腸が悪い時本来なら与えない方が良いですが、大好物なので)、クローバーと、食べられるものが増えました。

 

 

5日目。

ころころうんちが大量にしてありました。やっと、ペレットを食べるようになりました。

こうしてみると、ペレットは本当に二の次なんだなと感じました。

 

牧草や野菜の繊維を必死で摂り、お腹に送り、お腹の中では、何がしかのいい菌が働き、排泄物をまるめようと頑張っていたのだと思います。

 

 

もう、お腹のギュルギュル音はしません。しめじはいつも通り、お仕事しています。

 f:id:usako-haha:20160701130423j:image

(お客卯さまをお出迎えする、しめじ)

 

すっかり元通りに治ったと感じました。

 

 

 

うっ滞になりかけていたのかと思います。

同じような症状のうさぎさんがいましたら、食べ物の変化の記録、

参考になれば幸いです。

 

 

この時期、体調を崩すうさぎさんが多いです。

大事に過ごし、乗り切ってください。