読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎガイド石毛じゅんこの「うさぎに生かされてる私」

うさぎと出会ったことで人生変わり、いまうさぎの仕事に就き、うさぎに生かされて生きてます

老齢うさぎについて

しめじ骨折

骨折してしまった、うちのうさぎ、しめじは、

10歳と11ヶ月。

20日後には、11歳になります。

うさぎの中では、かなり高齢。

そんな歳なのに、骨折してしまった。

若い頃のように、骨や筋肉や細胞は、

働いてくれないでしょう。

それを私は危惧しました。

ギプスで固定されているけど、

果たして、ついてくれるのか。

 

レントゲンで見た骨は、

尖って裂けるように折れており、

肉や皮膚を貫いて出血でもしてしまったら、

さらに悪化してしまうかもしれない状態でした。

 

きついテーピングでの、不自由な生活。

見るたび、かわいそうでなりません。

いつも通り、走り出そうとして、

自分の体の異変に気付く。

その時といったら、胸が締め付けられるほど不憫です。

 

人も、老いていく時、いままで出来ていたことが、できなくなる。

 

そんな場面は、悲しいものです。

 

 

 

私の、うさぎホテル業での師匠、

オールウェイズ・ラビットの坂本さんが、心配して連絡をくださいました。

 

坂本さんはいままでたくさんの老齢うさぎを看ており、経験が豊富です。

 

こんなお話が、印象深かったので、

紹介します。



“うちの一番年長のうさぎは11歳8ヵ月で、テンカン持ち、睾丸腫瘍、膿瘍など満身創痍です。

時々ハラハラすることはありますが、がんばり屋なので絶対に「可哀想に」と思わないようにしています。

 

涙目が酷く、他人が見たら本当に可哀想な顔ですが

「どんな顔でも可愛い」と思います。”

 


“また今月9歳になった子は、

後ろ足の付け根を骨折して3本足で生活しています。

 

時々痛み止めを投薬したり

流動食を食べさせたり

(大好物みたいでよく食べます)で

体重を維持してます。”

 

 

“また別の、10歳3ヵ月の子は、

元々1200gあった体重が800gに減り、あまり動かず、心配で病院へ行ったら、

奥歯の歯茎が歯槽膿漏

歯茎にポケットができてました。

今はお世話の甲斐あり、

体重も増えています。”

 

 

“高齢のうさぎは食べるのにも

体力を消耗して、

途中で食べることを諦めたり、

完食してると思ったら下に半分以上落としてたり…。

 

怪我や病気で食欲が落ちると命に関わりますから、注意が必要です。”

 

 

老齢ならではの、

大変だけど、

少し微笑ましい様子が垣間見れました。

 

 

私が思う「老い」は、

だんだんやってくるのではなく、

 

何かのきっかけで、

ズーンと、深く入り込んでしまうもの、と

感じています。

 

病気や怪我、

環境の変化。

 

人間ならば、

家族との関わりや、

周りの人が亡くなっていったり…

 

仕事を辞めたり、

趣味が変わったり、

失恋とか?…

 そんなことも要因になるのかも。

 

 

だから、

高齢ペットが、

いつまでも若く元気でいられるためには、

 

ケガや、環境の変化には

とても注意が必要だと

痛感しました。

 

 

 

うさこ母よりお願い〜

↓「B!」ブックマーク登録お願いします!このブログの気まぐれな更新情報が届きます↓

 

 

 

 

 

石井ゆかりさんの言葉が

しめじ骨折

星座占いの石井ゆかりさん。

今日の言葉が

私にドンピシャ刺さって。

びっくり。

 f:id:usako-haha:20170130170816p:image

 

『天秤座は自他を「ケアする」ような日。一番小さな弱いものを一番大切にしたとき力が生まれる、みたいな。』

 

 

骨折したしめじのお世話をしながら、

それは自分をも癒していると

気づいた時だったから、

この言葉を読んで鳥肌がたった。

 

 

娘が小さい頃、

風邪をひいたり、熱を出した時

看病していた自分は、

 

辛かったけど、

「娘」という対象がそこにあったから、

辛さは半減された。

 

今も

「しめじ」は

目の前にいて、

食べたり、眠ったり、

うんちやオシッコをしたりしている。

 

 

本当に辛いのは

「対象が、目の前にいない時。」

 

 

この辛さは

わかる人しか、

わかるまい。

 

 

愛情をかけたり

心配をしても、

反響がなく、

自分の中でぐるぐる呼応するだけ。

 

出口が見えず

その辛さは

ハンパではない。

 

よって、

自分も癒されないどころか、

病むいっぽうだ。

 

 

運命的な出会いをし、

とても大切に思っていた人が、

 

突然、連絡を絶った。

もうすぐ2年になるが、

私はその辛さの中で生きてきた。

 

 

だから、

この、

石井ゆかりさんの占いの言葉が響く。

 

 

しめじを

ケアするたび

力が生まれてくる自分を

感じていた時だったから。

 

こうして、

ブログを書こうと

思えた時だったから。

 

 

介護は

辛いけど、

対象が反応してくれるからこそ、

また頑張れる気持ちになるのです。

 

 

 

 

 

 

うさこ母からお願い

↓「B!」ブックマーク登録お願いします。このブログの更新情報が届きます。↓

介護とともに

しめじ骨折

‪介護で辛いのは、当人よりも、周りの家族かもしれない。

愛する人が、老いて衰えてゆく様子を、目の当たりにしなければならないから。

 

自分の父と母のことが、しめじに重なる。‬

 

しめじは、10歳11カ月。

来月には、11歳の誕生日が来る。

 

どこまで回復できるのか。

元の生活に戻れるのか。

不安しかない。

 

でも、しめじは、

私の顔を見て、自分の様子を知る。

私が、哀れんだ表情でいたらいけない。

きっと元気になる。

また、うさぎのお仕事に復帰する。

 

そう信じて強くいなければ。

しめじ骨折

しめじ骨折

私の不注意から、

我が家の愛兎である

「しめじ」を

骨折させてしまいました。

 

土曜夕方のことです。

 

一ヶ月半~2ヶ月は

大事をとらないとならない。

 

私自身、

いま、いろんな問題を抱えていて

 

途方にくれています。

 

自分がしっかりしないといけないのに

すみません。

とりあえず、

しばらく、仕事のご依頼に影響がでるかもしれません。

どうぞご理解頂きたく思います。

 

 

前々回の記事で、

うさぎの骨折について危惧していたのに、

自分が招いてしまった。

情けない、

しめじごめんね。

生きて、治って。お願い。

うさぎの車酔い

f:id:usako-haha:20161214223213j:image

うさぎさんの中でも、

「車酔い」らしき行動をする子がいます。

 

いままで私が接した1000頭ほどのうち、

3頭、いました。

 

 

なので、

ごく珍しいことではありますが、

 

気をつけてあげたいと思いますので、

書いておきます。

 

 

車酔いと言っても、

 

目が回っていたり、

頭がクラクラ、ふらふらしていたり、

へたり込んでいたりと、

 

見た目の状態は、さまざまです。

 

 

私は、自分が、車酔いが激しいので、

あの不快さは、筆舌しがたいものがあります。

人間ですと、気持ち悪くなって、吐いてしまったりするのですが、

 

うさぎは吐くことはできませんし、

 

ただひたすら耐えていて、…かわいそうです。

 

停車して、キャリーバッグの蓋を開け、

しばらく休んであげましょう。

 

 

車内の、

できるだけ揺れない場所に置くとか…

 

排気ガスの臭いを車内に入れない、とか、

サスペンションを工夫するとか…

 

急ブレーキ、急発進はしない。など。

 

 

できれば、
車に乗る機会を減らすのが良いでしょう。

 

電車、バスも、

乗り換えのたびにキャリーが揺れるので、不快な子にとっては、

耐えがたいものかと思います。

 

f:id:usako-haha:20161214223129j:image 

うさぎはもともと、地面に接地して生きている生き物です。

 

犬や、猫のように、

ヒトの暮らしには、併合していませんので、

本来は、キャリーバッグや、キャリーケースでゆらゆらされるのは、嫌なのです。

たとえ、カートでも、地面の揺れが伝われば、ストレスになります。

ダンで危険を知らせていることを考えると、

地面の振動がいかにうさぎに大きく伝わるか

わかるかと思います。

 

移動中は時々様子を見て、

変わった様子であれば、早めに

落ち着かせ、処置してあげてください。

 

f:id:usako-haha:20161214223848j:image

できれば、小さい頃から

お出かけに慣れていると、良いかもしれません。

 

 

……………

 

日本で初めての

「老うさホーム®︎うさこんち®︎」

介護、お世話のできる、うさぎ専用ペットホテルです。
飼い主様の出張、出産、介護、転居、入院、アレルギーなどによる
長期のお預け、お任せください。

 http://usagimamire.com

 

 

 

 

 

骨折後3ヵ月のチャーちゃん

4月にご自宅で、

左足付根と

右足指を骨折した、チャーちゃん(7歳)。

 

今回、数日間、

うさこんちでお預かりすることになりました。

 

もう、骨はくっつき、生活も普通にしているとのことでしたが、…

ご自宅では、段差をなくし、

へやんぽも範囲をせばめているとのこと。

 

果たして、

お預かりのため、うさこんちに来て、

ケージや環境も変わってしまうので、

適応できるかな?と…

 

 

うさぎの骨はもろいので、

なにかの拍子に悪化することが起きないとも限らない…と、

 

怪我後3ヵ月経っているとはいえ、
会うまで不安でした。

 

 

でも、お迎えの車の中では、元気いっぱい!

揺れないように、キャリーケースの中にタオルを詰めたのですが、

そこに手を置いて、外をのぞくくらい

興味と行動がありました。

…まず、一安心。

 

f:id:usako-haha:20160730140216j:image

 

うさこんちに着いてからも、

食欲もあり、

興味津々、好奇心もあるので、

ふた安心…。

f:id:usako-haha:20160730140326j:image

 

ケージは、段差をなくしたものを用意。

小さなへやんぽスペースにも、

するんと出れるようにしました

 f:id:usako-haha:20160730141145j:image

 

足の様子も、大丈夫みたい。

f:id:usako-haha:20160730141201j:image

 

うちのうさぎ、しめじとも、

仲良くしています。

f:id:usako-haha:20160730141353j:image

 

 

うさぎの骨折は、

その後の生活を一変させてしまうほど

破壊力を持っています。

 

急に、老化への一途をたどってしまうことも。

 

今回ご紹介したチャーちゃんは、

 幸い、そのようなことにならずに済んでいますが、

 

骨折をきっかけに寝たきりになってしまったり、

明日からつきっきりの介護が必要になる、なんてことも。

 

 

じゅうぶん、注意したいものです。

 

 

 

 

…………

↓「B!」ブックマーク登録お願いします!↓

更新情報が届きます(*^^)v

しめじ、回復までの5日間

しめじのお腹から、

 

ギュルギュルギュル〜…と、

大きな音が聞こえました。

 

やがて

食欲がなくなり、

 

隅っこに閉じこもったまま

出てこなくなりました。

 

 

お腹に違和感か、痛みがあったのでしょう。

すぐ病院へ、と、思ったのですが、

 

しめじは

「触らないでくれ」とでも

言いたげな様子。

 

 

放し飼いなので、捕まえ、キャリーに入れることがストレスになると思い、

しばらく様子を見ることにしました。

f:id:usako-haha:20160630224608j:image

(籐籠にこもる、しめじ)

 

 

1日目。

アクアコールを薄めに溶いた水を、浅い小皿から飲みました。水だけでも飲んでくれてほっとしました。

夕方、にんじんの葉っぱを少し食べました。

 f:id:usako-haha:20160701125105j:image

 

 

2日目。

好きなおやつを置いても、食べません。あれやこれやと与えますが、何も食べません。お腹は依然、ギュルギュル鳴っています。

夜になって、柔らかい牧草を数本、食べました。やはり、牧草を欲しているのだなと思いました。

 

 

庭で、イタリアンライグラスを育てているので、それも与えたら食べました。

 

種から簡単に育てられるので、皆さんもフレッシュイタリアンライグラスを、常備しておくと良いかもしれません。

 f:id:usako-haha:20160701125540j:image

 

 

3日目。

キャベツを細く切ったものをつまみ始めました。やっぱりキャベツは胃腸にいいんだ、人間用お薬のキャベジン の事を思いました。

うさぎにとっても キャベツは、胃腸にいい大切な成分が入っているのだなと感じました。

 

柔らかい牧草、明日葉セロリの葉の部分も食べました。

f:id:usako-haha:20160701130214j:image 

 

 

4日目。

これまで排泄が、べたべたうんちだったものが、

小さいけど丸まってきました。

 

セロリ、牧草、キャベツ、レモンバーム、麦(胃腸が悪い時本来なら与えない方が良いですが、大好物なので)、クローバーと、食べられるものが増えました。

 

 

5日目。

ころころうんちが大量にしてありました。やっと、ペレットを食べるようになりました。

こうしてみると、ペレットは本当に二の次なんだなと感じました。

 

牧草や野菜の繊維を必死で摂り、お腹に送り、お腹の中では、何がしかのいい菌が働き、排泄物をまるめようと頑張っていたのだと思います。

 

 

もう、お腹のギュルギュル音はしません。しめじはいつも通り、お仕事しています。

 f:id:usako-haha:20160701130423j:image

(お客卯さまをお出迎えする、しめじ)

 

すっかり元通りに治ったと感じました。

 

 

 

うっ滞になりかけていたのかと思います。

同じような症状のうさぎさんがいましたら、食べ物の変化の記録、

参考になれば幸いです。

 

 

この時期、体調を崩すうさぎさんが多いです。

大事に過ごし、乗り切ってください。