読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎガイド石毛じゅんこの「うさぎに生かされてる私」

うさぎと出会ったことで人生変わり、いまうさぎの仕事に就き、うさぎに生かされて生きてます

しめじ骨折

しめじ骨折

私の不注意から、

我が家の愛兎である

「しめじ」を

骨折させてしまいました。

 

土曜夕方のことです。

 

一ヶ月半~2ヶ月は

大事をとらないとならない。

 

私自身、

いま、いろんな問題を抱えていて

 

途方にくれています。

 

自分がしっかりしないといけないのに

すみません。

とりあえず、

しばらく、仕事のご依頼に影響がでるかもしれません。

どうぞご理解頂きたく思います。

 

 

前々回の記事で、

うさぎの骨折について危惧していたのに、

自分が招いてしまった。

情けない、

しめじごめんね。

生きて、治って。お願い。

うさぎの車酔い

f:id:usako-haha:20161214223213j:image

うさぎさんの中でも、

「車酔い」らしき行動をする子がいます。

 

いままで私が接した1000頭ほどのうち、

3頭、いました。

 

 

なので、

ごく珍しいことではありますが、

 

気をつけてあげたいと思いますので、

書いておきます。

 

 

車酔いと言っても、

 

目が回っていたり、

頭がクラクラ、ふらふらしていたり、

へたり込んでいたりと、

 

見た目の状態は、さまざまです。

 

 

私は、自分が、車酔いが激しいので、

あの不快さは、筆舌しがたいものがあります。

人間ですと、気持ち悪くなって、吐いてしまったりするのですが、

 

うさぎは吐くことはできませんし、

 

ただひたすら耐えていて、…かわいそうです。

 

停車して、キャリーバッグの蓋を開け、

しばらく休んであげましょう。

 

 

車内の、

できるだけ揺れない場所に置くとか…

 

排気ガスの臭いを車内に入れない、とか、

サスペンションを工夫するとか…

 

急ブレーキ、急発進はしない。など。

 

 

できれば、
車に乗る機会を減らすのが良いでしょう。

 

電車、バスも、

乗り換えのたびにキャリーが揺れるので、不快な子にとっては、

耐えがたいものかと思います。

 

f:id:usako-haha:20161214223129j:image 

うさぎはもともと、地面に接地して生きている生き物です。

 

犬や、猫のように、

ヒトの暮らしには、併合していませんので、

本来は、キャリーバッグや、キャリーケースでゆらゆらされるのは、嫌なのです。

たとえ、カートでも、地面の揺れが伝われば、ストレスになります。

ダンで危険を知らせていることを考えると、

地面の振動がいかにうさぎに大きく伝わるか

わかるかと思います。

 

移動中は時々様子を見て、

変わった様子であれば、早めに

落ち着かせ、処置してあげてください。

 

f:id:usako-haha:20161214223848j:image

できれば、小さい頃から

お出かけに慣れていると、良いかもしれません。

 

 

……………

 

日本で初めての

「老うさホーム®︎うさこんち®︎」

介護、お世話のできる、うさぎ専用ペットホテルです。
飼い主様の出張、出産、介護、転居、入院、アレルギーなどによる
長期のお預け、お任せください。

 http://usagimamire.com

 

 

 

 

 

骨折後3ヵ月のチャーちゃん

4月にご自宅で、

左足付根と

右足指を骨折した、チャーちゃん(7歳)。

 

今回、数日間、

うさこんちでお預かりすることになりました。

 

もう、骨はくっつき、生活も普通にしているとのことでしたが、…

ご自宅では、段差をなくし、

へやんぽも範囲をせばめているとのこと。

 

果たして、

お預かりのため、うさこんちに来て、

ケージや環境も変わってしまうので、

適応できるかな?と…

 

 

うさぎの骨はもろいので、

なにかの拍子に悪化することが起きないとも限らない…と、

 

怪我後3ヵ月経っているとはいえ、
会うまで不安でした。

 

 

でも、お迎えの車の中では、元気いっぱい!

揺れないように、キャリーケースの中にタオルを詰めたのですが、

そこに手を置いて、外をのぞくくらい

興味と行動がありました。

…まず、一安心。

 

f:id:usako-haha:20160730140216j:image

 

うさこんちに着いてからも、

食欲もあり、

興味津々、好奇心もあるので、

ふた安心…。

f:id:usako-haha:20160730140326j:image

 

ケージは、段差をなくしたものを用意。

小さなへやんぽスペースにも、

するんと出れるようにしました

 f:id:usako-haha:20160730141145j:image

 

足の様子も、大丈夫みたい。

f:id:usako-haha:20160730141201j:image

 

うちのうさぎ、しめじとも、

仲良くしています。

f:id:usako-haha:20160730141353j:image

 

 

うさぎの骨折は、

その後の生活を一変させてしまうほど

破壊力を持っています。

 

急に、老化への一途をたどってしまうことも。

 

今回ご紹介したチャーちゃんは、

 幸い、そのようなことにならずに済んでいますが、

 

骨折をきっかけに寝たきりになってしまったり、

明日からつきっきりの介護が必要になる、なんてことも。

 

 

じゅうぶん、注意したいものです。

 

 

 

 

…………

↓「B!」ブックマーク登録お願いします!↓

更新情報が届きます(*^^)v

しめじ、回復までの5日間

しめじのお腹から、

 

ギュルギュルギュル〜…と、

大きな音が聞こえました。

 

やがて

食欲がなくなり、

 

隅っこに閉じこもったまま

出てこなくなりました。

 

 

お腹に違和感か、痛みがあったのでしょう。

すぐ病院へ、と、思ったのですが、

 

しめじは

「触らないでくれ」とでも

言いたげな様子。

 

 

放し飼いなので、捕まえ、キャリーに入れることがストレスになると思い、

しばらく様子を見ることにしました。

f:id:usako-haha:20160630224608j:image

(籐籠にこもる、しめじ)

 

 

1日目。

アクアコールを薄めに溶いた水を、浅い小皿から飲みました。水だけでも飲んでくれてほっとしました。

夕方、にんじんの葉っぱを少し食べました。

 f:id:usako-haha:20160701125105j:image

 

 

2日目。

好きなおやつを置いても、食べません。あれやこれやと与えますが、何も食べません。お腹は依然、ギュルギュル鳴っています。

夜になって、柔らかい牧草を数本、食べました。やはり、牧草を欲しているのだなと思いました。

 

 

庭で、イタリアンライグラスを育てているので、それも与えたら食べました。

 

種から簡単に育てられるので、皆さんもフレッシュイタリアンライグラスを、常備しておくと良いかもしれません。

 f:id:usako-haha:20160701125540j:image

 

 

3日目。

キャベツを細く切ったものをつまみ始めました。やっぱりキャベツは胃腸にいいんだ、人間用お薬のキャベジン の事を思いました。

うさぎにとっても キャベツは、胃腸にいい大切な成分が入っているのだなと感じました。

 

柔らかい牧草、明日葉セロリの葉の部分も食べました。

f:id:usako-haha:20160701130214j:image 

 

 

4日目。

これまで排泄が、べたべたうんちだったものが、

小さいけど丸まってきました。

 

セロリ、牧草、キャベツ、レモンバーム、麦(胃腸が悪い時本来なら与えない方が良いですが、大好物なので)、クローバーと、食べられるものが増えました。

 

 

5日目。

ころころうんちが大量にしてありました。やっと、ペレットを食べるようになりました。

こうしてみると、ペレットは本当に二の次なんだなと感じました。

 

牧草や野菜の繊維を必死で摂り、お腹に送り、お腹の中では、何がしかのいい菌が働き、排泄物をまるめようと頑張っていたのだと思います。

 

 

もう、お腹のギュルギュル音はしません。しめじはいつも通り、お仕事しています。

 f:id:usako-haha:20160701130423j:image

(お客卯さまをお出迎えする、しめじ)

 

すっかり元通りに治ったと感じました。

 

 

 

うっ滞になりかけていたのかと思います。

同じような症状のうさぎさんがいましたら、食べ物の変化の記録、

参考になれば幸いです。

 

 

この時期、体調を崩すうさぎさんが多いです。

大事に過ごし、乗り切ってください。

自己主張の強力爆弾⁉︎

お客卯さま

うさぎさんが

多勢集まると
 
すっごいことが
始まりますΣ(゚д゚lll)

f:id:usako-haha:20160605143050j:image
 
「うんち合戦」!?
 
 
 
盲腸糞らしき
柔らかくて
臭いのきつい
べたべたうんちを
 
 
自ら踏んづけて
臭いを発生させます!!



自分の臭いをふりまいて
自己主張が始まります。
 
f:id:usako-haha:20160604183022j:image
 
 
「オレが!オレが!!」
「なんだとお~?オレ様が!!」
 
…と、始まります!!
 
 
 
足につくわ、
毛は汚れるわ…
 
お預かりうさぎさんを
綺麗なままおかえししなければならない
私は、焦ります!!
 
 
ご自宅では、こんなことないでしょう。
 
1頭だけなら、オレ様は、ひとりだからです。
 
 
また、
複数飼いの方でも
同じ顔ぶれに落ち着いて過ごしているうさぎさんには、
ない行動かと思います。
 
 
 
 
「うさこんち行ったら、野蛮になって帰ってきた!?」うちに帰るなり、うんちをばらまいて困ります!!…
 
…って
疑われたこともあったけど(笑)
 
 
 
 
臭いづけの自己主張。
 
 
 
こんな習性も
あるんです。
 
 
 
 

睾丸の異常なふくらみ、あずきちゃん

私は、うさぎオンリーのペットホテル

運営していますが、
 
預かりのうさぎさんについて、
病気や、健康に関する内容の記事になるときは
こちらのブログに書き留めていこうかと思います。
 
あとから見直しやすいし、
同じ症例で、情報をお探しの方に
参考になればという思いからです。
 
…………
 
 
あずきちゃん、7歳、♂。
 
睾丸のふくらみが気になって、
うさこんち滞在中に、
オーナーさまが
うさぎに詳しい獣医さんへの受診を希望されました。
 
 
私は、仲立ちとして
あずきちゃんの受診に介添えしました。
 
 
f:id:usako-haha:20160510085932j:image
 
あずきちゃんは未去勢。
 
片方の睾丸が、かなり膨らんでいます。
 
 
f:id:usako-haha:20160510090156j:image
 
f:id:usako-haha:20160510090851j:image
これは、腫瘍だそう。
良性か、悪性かは、病理検査してみないとわからないけれど、
 
現在あずきちゃんの健康状態は良いので
術前検査をして、問題なければ
早めに切除したほうが良いでしょうとのこと。
 
足ダンもしにくそうだし、
歩く時もバランス悪そうに歩いてます。
 
 
オーナーさまは、あずきちゃん
二ケ月ほど前に譲り受け、
すぐにこの睾丸の異常に気づいて
病院へ連れて行ったのですが、
 
その病院では、
急を要するものではない、
様子を見ましょう、との
診断だったそう。
 
 
確かに、
腫瘍が良性なら、
様子を見る時間をかけても
良いのかもしれませんが…
 
 
かなり大きく
日常生活にも支障がある上、
取らずにいれば百害あって一利なし、なのに…
 
獣医さんの判断って、
こんなにも違うものだと
驚きました。
 
 
これから、いつ、どうするかは
まだ、オーナーさまと検討中。
 
また、後日談があればこちらで
ご報告します。
 
 
 
____________________________
 
うさぎ専用ペットホテル
老うさホーム「うさこんち」
 
東京都町田市にあります。
 
 
 
満室になっている日もありますので、
ご利用希望の方はお問い合わせください。

シロちゃんのこと

シロちゃん

シロちゃんがうさこんちにやってきた日

f:id:usako-haha:20150209152236j:plain

シロちゃんは、

 

2013年5月25日から、

2014年11月18日まで、

 

うさこんちでお預かりさせていただいた

うさぎさんです。

 

飼い主であるご家族さまが、アレルギーを発症されてしまい、

泣く泣く、うさぎとの生活を諦めざるをえなくなり、

 

私どもの「うさこんち」を

ネットで見つけてくださり、

預けてくださったのです。

 

1年半にわたり、

うさこんちで、

みんなに可愛がられ、過ごしてきた、シロちゃん。

 

その存在は、

ブログやツイッターで、

多くのファンをも築くほど、

 

愛らしく、

また、

時に、おちゃめな

 

5歳の男の子の

うさぎさんのお話しを

飼い主さまへの画像の整理をしながら、

ここに、記録しておきたいと思います。

 

 

シロちゃんが亡くなって3ヶ月。

やっと、今日、画像フォルダを開ける勇気を出しました。

きっとまだ、見たら涙が出てしまう。

そう思って、なかなか開けられなかった、フォルダ。

 

そこには、かわいい姿が、

ちんまりと私を待っていてくれました。

*******************

「ようこそ、シロちゃん。はじめまして」

うちのうさぎ、しめじが、ご挨拶しています。

f:id:usako-haha:20150209144719j:plain

↑2013年5月25日、うさこんちに来た日。

 

シロちゃんは、幼い頃いくつかの大病をし、

目が見えず、不整咬合もありました。

あとでわかったことですが、腎臓に疾患を抱えており、

体力維持が難しい状態でした。

 

しかし、食欲もあり、たいへん元気で、

目が見えないながらも

うさこんちを走り回り、

ここの環境に、すぐ慣れてくれました。

 

f:id:usako-haha:20150209145618j:plain

↑なんでもよく食べてくれました

 

 

f:id:usako-haha:20150209150408j:plain

↑あまえてます^^

 

 

f:id:usako-haha:20150209150910j:plain

↑うさこんちの近くの獣医さんをかかりつけ医とし、

毎月1回定期検診を受けるようにしました(K´sペットクリニック

 

f:id:usako-haha:20150209151454j:plain

↑とげのように延び、口内を傷つける歯を、カットしてもらっています

 

 

*****************

 

画像の整理をしながら、また続きを書きますね。

 

 

 

 

うさこんちのブログ「(ほぼ)今日のうさこんち」はコチラ