うさぎガイド石毛じゅんこの「うさぎに生かされてる私」

うさぎと出会ったことで人生変わり、いまうさぎの仕事に就き、うさぎに生かされて生きてます

骨折、治療通院終了\(^o^)/

今日、病院へ行って、

 

しめじの骨折部分のテープを取ってもらい、

 

先生から

 

「今回の(骨折の)治療は終わり!」宣言をいただきました!

 

f:id:usako-haha:20170413144542j:image

 

患部に傷口があり、まだ、

かさぶたになっていて、

引き続き見守りが必要ですが、

 

また、

骨は、曲がってくっついているので、

負荷がかかると再び怪我をする可能性も高いこと、

 

この2ヶ月半の治療生活で

筋力が落ちているので、

ゆっくりつけていくこと、

 

患部にずっとテープをしていたので

抜け毛の管理(飲み込まないように)に注意すること、

 

まだまだ、ふかふかのカーペットの上などで

範囲を制限して生活させること。

 

などなど、お話しいただきました。

 

f:id:usako-haha:20170413145150j:image

一ヶ月後くらいに再診に行きます。

 

 

今回、かかった病院(薬含む)代は

119,178円。

 

 

処方されたお薬。

傷が膿んでいたので、

抗生剤で、

 

ビクタス

バイトリル

メトロニダゾール

 

と、処方されました。

 

 

 

長い間、細菌と戦いながら、

頑張ってくれた、しめじ。

 

白い涙や、べたべたの涙を流す時は、

まだまだ、細菌が体の中にいるのだな、と感じました。

 

自ら、栄養のあるフード(手作り)を食べ、

 

また、後半は、自分で調整し、

 

ヘルシーなフードを好むようになって。

(現在、

ブルームと、ウールフォーミュラを

食べてくれています)

 

 

私の不注意から、

大変なことをしてしまい、

この先もずっとつぐないながら

しめじの健康のために

力添えしながら

ともに生きてゆきますが、

 

皆様からいただいた

応援や、お心添え、

ほんとうにありがたかったです。

 

 

しめじはなんとか、一命を取り留め、

こうして障害は残るながらも

元の生活にもどれそうですが、

 

うさぎの骨折は、致命的な場合も多く、

改めて、注意する機会になっていただけたらと思います。

 

 

 

⌘⌘⌘⌘⌘

町田市のうさぎ専門ホテル

老うさホーム®︎うさこんち®︎

 

ご利用に関してはこちらをご覧ください。↓

老うさホーム うさこんち

 

 

 

 

なぜイースターにうさぎ?

 

f:id:usako-haha:20170401134246j:image

もうすぐ、イースターですね。

 

店先には、可愛らしい

うさぎや、卵のお菓子が並んでいます。

 

All Aboutの記事

イースターとは?うさぎと卵が使われる理由と楽しみ方」

 

こんな深い訳があったとは!?( ̄O ̄;)

 

https://allabout.co.jp/gm/gc/468438/

 

 

 

 

 

骨くっつき宣言いただきました!骨折から2カ月

しめじが骨折してから丸2カ月。

 

本日、通院のさい、先生から、

「もう骨はくっついていますね」との

お言葉、いただきましたー!

 

 

f:id:usako-haha:20170330170833j:image

 

2週間ほど前から、

「つき始めている」と

言われていたので、

 

しめじスペースも

少し、広げて、

動けるようにしてあげてました。

 

 

 

栄養たっぷりの食事を

食べていたので、

 

実はいっとき、

180gも太ってしまい…、

 

食欲があり、

栄養のある食事を取ってくれたことは、

組織の再生と、体力の維持のためには

良かったのですが、

 

あまり重くなりすぎると

今度は、歩けるようになったとき

足に負担がかかってしまうので

 

ここ数日、

与えるものを

調整していました。

 

 

何より、本人が、理解していたようで、

 

3日ほど前から

ほぼ、野菜と牧草しか

食べなくなりました。

 f:id:usako-haha:20170330230404j:image

こちらとしては心配だったのですが、

わかって、自分で調整したのでしょう。

 

今日測った体重は、

ちょうど良いくらいでした。

 

 

早くお仕事に復帰したい。

お友達と会いたい。

 

きっと、そう思っていると思います。

 

 

 

 

今回のことは、

私が、予定と予定のあいだで

時間に急いて、

慌てたせいの事故で、

 

こんなかわいそうなことをしてしまって。

 

もう、

しめじ以上に大事なものはない、

その後の予定も全部キャンセルして、

ずっとしめじの側について、

お水を飲ませたり、

お尻を拭いたり、

していました。

 

 

ここまで回復してくれて、よかった。

しめじの、11歳という年齢と、

骨の折れ方が酷く、

事故直後は、命も諦めなければならないほどでした。

 

 

たくさんの方が心配してくださり、

 

うさフェスでも、みなさん、しめじちゃんどうですか?と、聞いてくださったり、

 

 

今日お会いしたお客様も、

「しめじちゃん、回復してよかった、

うさこんちも再開してくれて、よかった」と言って、涙ぐんでくださって…。・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

 

今回、診てくださったのは、

いつもの、

K’sペットクリニックの院長先生で、

 

こちらの先生や、スタッフさんは、

患者の意向に沿ってくれて、

うさぎ(や、他の動物も)をとても大切に扱ってくれます。

 

いつも、お預けして、

麻酔から、テープの取り替えをしていただくのですが、

私は待合室で待っているので、

その間の様子を見れないのですが、

 

いつもさぞ不安であろう、

しめじも、嫌がらず

「じゃ!お母さん、いてくるから!」と

いつも凛々しい顔でドアの奥に消える、しめじ。

 

大切に扱っていただいているからこそ、

動物は、ちゃんと、感じているのだと

思います。

 

 

↓K’sペットクリニックのホームページ↓

http://www.ks-pet-clinic.com/

(犬猫以外のエキゾチックペット専門)

 

 

 

まだ、しばらく、

抗生物質の投薬と、

通院は続きますが、

 

 

なんとか

未来の兆しが

見えてきたので、

書き留めておきました。

 

 

取り急ぎ、思いつくまま書きました。

しめじ骨折から1カ月、経過などまとめ

しめじが右足を骨折してから

1カ月が経ちました。

 

現在、ゆっくりながらも

快方に向かっています。

 

大勢の皆さまからの心配や、

お気持ちをいただき、

大変ありがたく思っております。

 

 

途中、11歳の誕生日も迎えました。

f:id:usako-haha:20170306100353j:image

(↑お祝いの、葉つきにんじんと、大きないちご)

 

 

経過

当日、ギプスで固定

2週間目、患部化膿が発覚。ギプスをやめ、テーピングで

3週間目、化膿落ち着く

4週間目、動いてしまったため、再び化膿。2度目のレントゲン。まだ骨組織は出来ていない。

5週間目、化膿落ち着く。

6週間目、経過続行

 

以降、現在も通院中。

f:id:usako-haha:20170306110327j:image

毎回、ガス麻酔をしてテープの巻き直しをするので、身体への負担が心配ですが、

しなければ暴れてしまって

処置ができない、さらには悪化してしまうこともあるので、

ここは我慢です。

 

 

現在、家では、クッションやタオルを使い、できるだけ動かないように

狭いスペースで過ごさせています。

今まで自由だっただけに、

ストレスが心配でした。

f:id:usako-haha:20170306110516j:image

 

 

しかし、

うさぎは賢いですね。

 

時間が経つうちに、

状況を理解し、

環境に慣れようとしています。

すごいです。見習いたいです。

 

 

特記したいのが

食事です。

現在の配合のものを与えるようになって、

毛並みがつやつやになり、

1度は落ちた体重もその後維持出来ており、

撫でると、ふっくらと肉がついてきています。

排泄も、良い状態のものが出ています。

 

以前に記事に書いたものより、

さらにパワーアップした

オリジナルフードを、

ここにレシピ紹介しておきます!

 

骨、からだの組織作りに必須な

栄養が入っています。

 

身体の弱っているうさぎさん、

高齢のうさぎさん、

モルモットや、トカゲにも

良いと思います。

とにかくしめじは、これが美味しいらしく、

猛烈に食べます。

 

 

うさこんち特製スーパーフードレシピ

 

1.ハービィケア

2.メディマルケアフード

3.イースターバイタルチャージ

4.うさぎのおだんご

5.バナナ

6.すりリンゴ

7.サンタプロン

8.マカ

9.うさミルク

10.きな粉

11.100%ジュース

12.燕麦

13.ペット用ビタミンゼリー

14.メープルシロップ

 

 

これらを「盲腸ふん」の固さ

練り、丸めて、

または、シリンジで絞り出して、

あげています。

 f:id:usako-haha:20170306110606j:image

 

注釈:

1.2.3.4=介護用の粉フードです。

1種類だと、切らした時に、他のもの食べてくれないと困るので、

いろいろミックスしています。

全て入れなくてもOKです。

 

10.おからでもOK。(獣医師に確認済)

 

11.野菜の絞り汁でもOK

 

12.しめじの好物なので、食いつきが良いように入れました。

各々の好物に代替えてください。

 

 (全て、添加物などないものを使用しています。

 

ご自身のペットに与える時は、適度に応用し、必ず獣医師に相談してからおこなってください。)

 

 

 そして、記録もうひとつ。

 

この1ヶ月で

通院6回、

病院だけで

計 79,750円かかりました。

通院はまだ続行中ですので、

骨折による出費は今後も続きます。

 

ペットと暮らすには、

このような不意の出費もあります。

これからペットと暮らそうかと考えている方は

このへんもよく考えてからお願いします。

 

 

 

骨がつくには

まだ、時間がかかりそうです。

 

当初は

生きて行けるかもわからず、

しめじの今後を悩み、

 

「断脚」

「ピンニング」

なども考えました。

 

 

しかし、

獣医さんも私の考えをよく理解してくださって、

このまま、骨がつくことを願い

じっくり見守って行く方向で

向き合ってくださいました。

 

 

11歳という高齢で、

その選択は、不可能かもしれなかったのですが、

 

今のところ

時間はかかっても、

患部の化膿を止めて、

組織ができるのを待つ、

という希望で

日々を送っています。

 

 

 

 

うさこんちへのお問い合わせなど

老うさホーム うさこんち

 

 

 

 

お薬シリンジの先

 

投薬の際、

使用しているシリンジ。

 

私は、

先を切って(先細なため、出る量を調節する目的)、

口に当たる角を丸くヤスリで削って

使用しています。

 

f:id:usako-haha:20170219111517j:image

↑左、加工前。右、加工後

 

 

f:id:usako-haha:20170219111724j:image

 

先が曲がっているので

うさぎの小さなお口にも入れやすく、

 

丸く削って加工していれば

柔らかな皮膚に触れても安心です。

 

 

うさぎの口に入れる時は、

正面からではなく、少し横から。

歯の隙間にシリンジの先を入れるようにすると

飲んでくれます。

 

 

くれぐれも、

怪我などしてしまわないよう

うさぎの身体をしっかり抑えて

ゆっくり、確実にやりましょう。

 

 

 

※このシリンジは、うさぎのしっぽ(リンク→)うさぎの飼い方・病気情報、通販 うさぎ専門店うさぎのしっぽで買っていますが、現在ネットショップでは

在庫がないかもしれません。

いま買いましたら、1個しか買えませんでした…

 

またしばらくしたら、入荷するかもしれません。

参考までに(´ー`A;)

 

 

 

 

 

11歳…なかなか骨は繋がらない

 

あと4日で、うちのうさぎしめじも

11歳になります。

 

そんな時期での骨折。

 f:id:usako-haha:20170218115331j:image

 

事故から19日めのレントゲンです。

 

ぽっきり折れた患部に

治ってきている形跡は、ありません。

 

 

 

事故直後↓

f:id:usako-haha:20170218113755j:image

 

19日後(下)↓

f:id:usako-haha:20170218113841j:image

 

食欲も、出たり、後退したり。

 

 

折れた右足とのバランスをとって、

左足に負担がかかる。

 

左を下にして

横座りするようになったので、

左大腿部付け根が

毛が抜けて肌が出てしまい、

清潔にして

プロポリスクリームを塗って保護しています。

 

 

 

頑張っている、しめじを前に

辛く悲しく不安な気持ちを

出さないようにしてはいるものの、

 

自分の心情は

書ききれません。…

今日が、自分の母の2回目の命日。

連れて行かないでと、

何度も心の中で叫んでいます。

 

うさぎの健康が、

どれだけ幸せなことか。

 

つくづく

身をもって

感じます。

 

うさぎをメジャーに!All About「Red Ball Japan」

昨日は、

品川のガーデンシティにて、

 

All About社主催の

「第16回 Red Ball Japan」が

開催されました。

 

All Aboutのガイド総勢160余名が全国から集った、1年の総括のイベントでした。

 

 私も「うさぎ」のガイドなのです!!
世の中に、うさぎの良さと正しい知識を広めるため、ガイドの資格をいただきました。

 

このブログも、All Aboutさんからのテンプレートを頂いております。

 

 

All Aboutといえば、
皆さんもきっと目にしているでしょう。

何か調べたい時、
検索すると、上位に出てくる
「その道に詳しいガイドが教えてくれる」ページです。

 

保険、金融、健康、恋愛…様々なジャンルがある中で、
私が担当させて頂いているのは
「趣味」の中の「ペット」の中の「うさぎ」です。

 

 

第1部はAll Aboutグループの現状やこれからの方針のお話しがあり、

 

第2部はお楽しみの懇親会でした。

 

普段、田舎にこもっている私は、

ここぞとばかりに

たくさんのガイドの方と

名刺交換をさせていただきました!

 

やはり、第一線で活躍している方々は

 違うなー!

話し方、服装、オーラが違う!

…って、自分も、そうならないと!!

 

 

昨年は、

社の方針で、記事量を絞っていました。

なので、私のように

シェアの少ないジャンルは

出番がありませんでした。

 

しかし、

今年の方針では、

今までの記事のリライトと、

記事量を増やしていくことも視野に入れた

お話しが聞かれました。

 

All Aboutは、

ガイドが身をしぼって書いた

信ぴょう性のある、役立つ記事で構成されており、

執筆するガイドも、顔出し、本名で

活動しています。

 

開始から16年、

日経に続き

信用性が高く、

良く読まれているサイトだそうです。

 

そんな中で、

「うさぎ」に

ページを割いてもらうには、

 

たくさん読まれなければなりません。

 

新記事を書いたあかつきにはどーか、

たくさんビューしていただき、

いいね!とか、お気に入り!とか、

してくださいねっっ!

 

 

ところで、懇親会の会場で、

ずっと憧れだった、

恋愛ガイドのひかりさんと

お話しさせていただく機会がありました!

ひかりさんは、うさぎを飼っていたそうです!その名も「うさこ」!!うちの初代うさぎと同じ名前!

とても嬉しく感じました。

 

ひかりさんは、うさことも、10年近く一緒に過ごしたとのことで、長生きですね!!大切にされていたことが伝わってきました。

 

ひかりさんの、人を想うことへの

芯のある捉え方や、自分自身を成長させる愛情の持ち方など、

私はいつもその文章やコラムから、

勉強させてもらっています。

 

ひかりさんの記事はこちら

ひかり All About

 

ひかりさんや、ガイドの皆さんと撮っていただいた写真ですが、掲載許可未確認のため、私だけトリミングでお送りします(´・ω・`)ゴメンネ!

f:id:usako-haha:20170212104947j:image

↑名刺入れについたちっこいうさぎを写そうとしてた私…

 

 

うさぎの良さ、正しい知識を広めるための、うさこ母のAll Aboutのガイド活動、今後も応援してくださいねっ!


https://allabout.co.jp/gm/gt/2443/

 

 

 

 

↓「B!」のBookmark 登録お願いします!お!うさぎキテるな!と、編集の方も気づいてくれるかも!?